“宝の海”と呼ばれるこの海の由縁は自然が生み出した独特な地形にもよる。特に安乗漁港界隈は、黒潮と伊勢湾に流れ込む山の栄養を蓄えた木曾三川、宮川の水、そしてリアス式の地形、岩礁など、自然が織りなす奇跡とも言える環境が、栄養豊富で、活力のある海を創り出している。魚体が大きいのは、エサとなるプランクトンが多く海が栄養満点がゆえ、まるまる太ったふぐを育んでいる。 この環境で育った安乗の天然ふぐは下関をはじめ、全国各地に出荷されています。

▲このページの上部へ戻る

宝の海が育んだ天然ふぐ“あのりふぐ”とは?

【期間限定販売】あのりふぐ福鍋セットのご購入ページはコチラから

ふぐの旬が冬と言われるのは、ふぐ鍋など温まる料理であることともに、成長したふぐが産卵のため日本沿岸に近づく時期でもあるからである。また、ちり鍋に必要な柑橘類の旬であることも一因とされる。

▲このページの上部へ戻る

【期間限定販売】あのりふぐ福刺身セットのご購入ページはコチラから

新着情報

2014.10.01
オンラインショップサイトリニューアル
2008.01.07
「あのりふぐ」が三重ブランドに認定されました。

▲このページの上部へ戻る